2016年11月18日金曜日

<総括8>想像とのギャップ(2)

また、単位数がほぼ揃った最後のセメスターには、Downhill Skiing・Cross-country Skiing・Figure Skatingと3つも体育の授業を受講した。

2016年11月5日土曜日

<総括7>想像とのギャップ(1)

渡米前はビジネススクールと言えど、そしてPerformance Learningを標榜するジョンソンと言えど、大学院なのだから何だかんだ言ってもアカデミックなプログラムなのではないかと思っていた。

2016年10月16日日曜日

<総括6>語学


一般的に、留学すれば英語に不自由しなくなると思われており、これもMBA留学の主要な目的の一つであることは間違いない。

2016年10月1日土曜日

<総括5>何を学んだか―自分を知ること(2)―

一方、このような努力の結果(?)最終セメスターでは卒業に必要な単位の取得がほぼ完了していた為、履修科目をファイナンス・統計等の苦手科目やビジネススクール外のものを含めた極めて強く興味を持っていたものにだけに絞り、余裕を持ったスケジュールを組んでみた。

2016年9月23日金曜日

<総括4>何を学んだか―自分を知ること(1)―

ビジネススクールの学習は極めて速いペースで進む。我が国では良く詰め込み教育の弊害が叫ばれていたが、むしろ詰め込み度合いはアメリカのビジネススクールの方が上だ。

2016年9月18日日曜日

<総括3>何を学んだか―集団としての総体的な力―


面白かったのは、どのようなチームが優れたパフォーマンスを発揮できていたかだ。アメリカ人は自分の意見を通せる者こそが評価されると思っている傾向があり、日本人のように自分の意見に拘らずに他人の意見を聴いてばかりいるような者は評価されないとの考えが共有されていたように感ずる。

2016年9月12日月曜日

<総括2>何を学んだか―『体系的』とは―

イサカ市
何を学んだか考え始めるときりがない。MBAの学習とはどのようなものかという問いに対し、良く「ビジネスを体系的に学ぶ」と金太郎飴を切ったような回答が返ってくるが、「体系的」とは結局具体的に どういうことなのか、何だか漠としていて、少なくとも私は受験生時代、良くわからなかった。